カテゴリー「旅の途中で」の12件の記事

2008年9月28日 (日)

タイの思い出

Sany0135

5年ほど前友達が転勤になるので思い出を作りに初めてのタイに旅行

に行くことにしました。

行く直前に仕事が入り、日程を変更したのですが、時期はお盆で、

朝,日本を出て、台北経由で、台北で半日ほど過ごして、タイに夜

中入るという過酷な日程でタイの空港に着いたのは深夜でした。

飛行機を降りたら、むっとする暑さで、ふらふらになりながら、

車に乗せられ高速でバンコク市内に向かったのですが、

国道から、見える看板はみんな日本の企業の看板で、

トヨタから始まり、最後は公文やヤクルトまで、ここはいった何処なんだ....

と言う感じで、バンコクの中心部に来ると、町の中を、ゾウさんが歩いているのです。
あの時の感動は今も忘れられません。
その時僕は、思わず「あ、ゾウさん!!」って叫んでしましました。

旅行会社の人に笑われてしましました。
でも、その時初めてバンコクに着いたんだって思いました。

タイは日本を鏡に写したような部分が多くて、とても楽しい国でした。

食べ物もおいしかったな~

新しい空港の付近では、サムスンや中国系の企業の看板が目立ちます

月日の流れを感じますね。ちょっと悲しいです

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年5月21日 (水)

済州島に行って行ってきました

会社の旅行に済州島に行ってきました。

最近ではめっきり夜の大人の済州島は影を潜め

世界遺産観光が盛んようでした。

韓国映画によく出てくる素敵な風景がよかったですが、

世界遺産は殆どバスから歩いて行かなくてはいけず

足が筋肉痛です。

旅行に済州島に行けなかった方のために、アシアナ航空

の機内サービスの模様をUPしときます、

って、なんでやねん!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月19日 (木)

ストレイトストーリー

73歳のおじいちゃんが、昔喧嘩別れをしたお兄さんの住む

遠い遠い町まで小さなトラクターに乗って旅をするお話ですが

今日スカパーのムービーチャンネルでやっておりました。

今年の北海道は旅はちょっと憂鬱なのです。

僕は結構人と話す仕事のためか、海外とか誰も自分の事を

知らない空間でずっと一人でいるのが好きでしたが、最近

年のせいか、一人旅が辛くなって来たような気がします。

最近の海外旅行も誰か特定の人に会えるから行くとい

うスタイルに変わりつつあります。

そんな中一人での北海道、10年前一人北海道は、冷夏と

台風直撃で、毎日ずぶ濡れで寒さに震える毎日で、辛いで

思い出ばかりで、話して相手がいなくて辛かった

それがトラウマウになってちょっと憂鬱でした。

でもこの映画を見たら、お爺ちゃんが大きなアメリカで

いろんなアクシデントに会いながら、いろんな出会いをする

姿をみて一寸だけ勇気が沸いてきました。

さあ計画を練るかな、北海道の..............

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

旅先で辛い時

 旅先で辛い時親切にしていただけるほどうれしいことはない

ですね。見知らぬ土地で気候もちがうと体調不良になることも、

多いですね、

僕は過去に何度か、旅行中、普段の調子で酒をがぶ飲みして、

すごく悪酔いしてしまった事があります。普段の生活ではめったに

悪酔いしないのに、気候とか体調の問題の関係なのでしょう?

昔タイ人の友人に家に遊びに行ったとき、帰りが遅くなり、

泊まる事になったのですが、酒盛りがはじまり僕も酒を飲み

すぎてしましました。

翌日は朝から頭が痛くて、少し動いただけで胃がムカムカして、

そんな僕を見かねて、友達のお父さんが遠くの店までいって

飲み物を買ってきてくれました。

「これはタイの有名な飲み物だ、元気になるから飲みなさいと..」

差し出された飲み物は、どう見ても「ヤクルト」じゃございませんか、

味は日本と同じでおいしかったですが、ちょっと複雑な思いでした。

普通にコンビにあるんですよね、タイでは

Yaku

http://www.newsclip.be/blog/thai/2007/06/post_200.html#COMMENT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

飛行機の中でタバコを吸う方法その2

日本のタバコの値段は値上がりるするばかりですね、

でも世界にはまだまだタバコの高い国はありますね。

おおよそですが、英国約800円、アメリカ550円逆に安いのは

タイ100円 フィリピン55円だそうです。

旅行に行くときは、免税店で買いだめしてくいから

いいのですが、友人の話を聞くと、アメリカ等に仕事で長期

滞在する時など被害は甚大だそうです、まあ吸えるところも

少ないからいいかもしれませんがね。

過去合法でたくさんの税収を得て、たくさんの人をニコチン

中毒にさせて、ある日突然税率を引き上げ、税率を引き

上げるのが嫌なら、タバコを吸うなって、結構どこかの

シャブの売人みたいなやり口のようの気もしますが、この

このご時世、愛煙家にはつらい時代ですね。

でもこれだけの禁煙ブームになると、禁煙も一つの大きな

ビジネスチャンスとなりますね。

タバコをやめたい人などへの医薬品やセラピー等もそうですが

有料で快適にタバコを吸える環境をつくるのも一つの商売に

なるのではないでしょうか?

飛行機の中でタバコを吸う方法でお話した、カプセル型喫煙室

を、病院や航空会社、飲食店へのリースするなど商売など、

別に喫煙を助長する訳ではなおですが、タバコが合法にされ

いている以上、他人に迷惑を掛けない範囲で吸う権利は

ありますからね。

後10年くらいしたら結構お金出して喫煙カプセルに入る

ひとっているんじゃないでしょうか?

だれかお金儲けが好きな方、後数年したら快適な喫煙カプセル

作ってもらえませんか?

参考までに今ある喫煙カプセル

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月30日 (水)

飛行機の中でタバコを吸う方法

最近では禁煙もすっかり定着してきまして、病院等は敷地

内のすべて禁煙のところも多くなっているようです。友達

に聞いた話では、子供が急な発熱で入院して看病に通った

のはいいのですが敷地内禁煙のため、館内はもちろん、

外に出てもタバコは吸えず駐車場の自分の車の中で吸った

そうですが、駐車場も敷地なのでそれも怒られるかもしれ

ないとかなりビクビクだったそうです。

オチオチ入院も出来ない時代になりましたね。

愛煙家にとっては国内でこんな感じですから、海外に出る

時ははなおさら辛い思いをしてしまいますね。

それを感じるのは飛行機で出国審査を過ぎた後ぐらいから

でしょうか?

行き先にもよりますが、これから確実に数時間はタバコが

吸えなくなるのでから最後の吸いだめをしなくてはいけま

せん。

初めての空港でもまず喫煙室を探してしまいますね。

欧米の方に比べると、日本人や中国人喫煙率高いので、

アジア近郊の空港は比較的喫煙スペースはあるほうだと

思いますが、センキュリィティチェックを超えてしまう

ともう喫煙所がなかったり、私は初めて行く空港では

もしこの後タバコが吸えなかったらどうしようかと、

ドキドキしてしまいます。

こんな思いをするくらいなら、タバコをやめてしまえば

いいのですが、なかなか禁煙は出来ないものですよね、

吸えないと分かればなお更吸いたくなるのが常ですが、

私の喫煙の工夫は、飛行機に乗る前は、搭乗開始まで、

ぎりぎりまでカードラウンジの喫煙室でねばり搭乗

開始時間になったら急いで搭乗口に向かう。

搭乗中はは、長距離便等では、睡眠薬、もしくは風邪薬を

飲んで寝てしまう。

近距離便ではでは、二コレットもしくはファイアーブレーク

を噛むのと合わせて禁煙パイポで耐え凌いでおります。

でも食後のコーヒーの後、タバコ吸いはどうしても一服したい

ものですね。

そこで飛行機の中でタバコを吸う方法ですが、現状ほとんど

航空会社では機内で喫煙すると違法行為となり最悪の場合

飛行機が引き返し払い切れないほどの高額賠償を請求され

てしまします。又仮にトイレに隠れてばれずに喫煙出来た

としても、そこは公共の場であり非喫煙者にとっては非常

に迷惑な行動であり、国際線なら他の国の人のいる前で

日本の恥さらす訳にはいきませんので、とても許されない

行動でありましょう。

最近はタバコ愛好家のために喫煙可能な航空会社もあると

聞きますが、会社も限られ現実的ではありません、

そこで提案です。トイレの一つを喫煙室にして下さい。

トイレを減らすのがだめなら、一部屋作ってください。

立って1人ぐらい入れる電話ボックスみたのでいいですから。

多分航空会社は一人でも、安価でたくさんの人を乗せたい

から駄目と言うでしょう。

でも誰もタダとは言いません、一部屋310ドルでどう

でしょうか?

素人なりに考えて見ましょう、400人乗りのジャンボでタイ

に行くことを想定してみましょう。飛行時間およそ5時間半、

喫煙可能時間は4時間半、搭乗率50パーセントで、

乗客は200人、喫煙者は30パーセントとして60

60人全員が喫煙室を利用したとすると

60人×10ドル=600ドル

安売りチケットの値段とあんまり変わらない金額かもしれ

ませんが、同じ区間でJALTG(タイ航空)がほぼ同

じ金額で飛んでいて、JALは全席禁煙、方やTGは

ピチピチのフライトアテンダントと有料喫煙席あり

だったらどっちに乗りますか?

もちろん私は喫煙席がなくてもTGに乗ります。

「飛行機の中でタバコを吸う方法」というタイトルでこの

ブログにたどり着いた愛煙家の方、大変すみません、

飛行機乗る事がありましたら、是非乗務員の方に上記事項を

ご提案下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年5月26日 (土)

便座が割れる?その2

昨日の続きですが、まだご覧になっていない方は、便座が割れる?

から読んでくださいね。

都会の女性トイレの便座が割れるのは、ハイヒール等で、和式トイレ

のように便座にしゃがみ作品製作に専念される方がいらっしゃるか

からだそうです。昔田舎から出てきたおじいちゃんが洋式トイレの

使い方が解からず洋式と入れにしゃがんで用を足していたとい

話がありましたが、まさにそのよう感じみたいです。

でも使い方方が解からないのではなく、除菌をしようが、紙をひこうが

他人が座ったところにに座りたくないという潔癖な方がいるからだそうです。

私など体重がありますにで洋式オンリーで、どうしても和式がないときしか、

和式は使いませんが、結構和式トイレの需要はありそうでね。

ただし和式トイレはどこか古めかしいと感じる方もいるので、近代的な

お洒落なお店などになかなか設置されるケースは少ないようです

そこでこの洋式と和式の中間のようなタイ式トイレ日本で採用して

みてはいかがでしょうか?

Totollb_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

便座が割れる?

Ochjdy

最近テレビをを見ていたら、私と同じ体型のタレントたちが、トイレの

便座は消耗品、よく割れるんですよ、と言っていた。

やはり体重があると便座に負担がかかり、割れやすくなるので

しょうか?

今のところ私の家の便座は20年以上使っておりますが、割れた

ことはありません。(ちょっと安心)

でも最近都心部の女子トイレでも、頻繁に便座が割れる事がある

そうです。これは外国人のお尻が入り口と同じぐらいの幅の女性が

頻繁に利用したためでも、日本女性のお尻が大きくなってなって

きたからでもないそうです。皆さんどうしてだと思います?

続きは欲求不満なまま、明日のお題ということで.....

Totollb

参考にはならないと思いますがタイのトイレをアップして

おきます。和式のような、洋式のような微妙なトイレではありますが多

分これはタイ式なのでしょう。

最初はどちら向きに座るのか悩みましたが、多分ご自分の作品を

ちょうど穴に落とすような向きに座るのが正解だと思います。

もし違うとご意見のある方、いらっしゃりました、ご一報ください

(結構ショックですが...)

ちなみにトイレの横に水槽がり(もしくは写真のようにシャワーガン)、

そこに手桶が浮いており、そこで手桶に水を取り、お尻をシャバ

シャバとした後、作品を流すみたいです、あんまり人には聞けないので

想像ですが)なんと環境にやさしい方法なのでしょう..........

私は、いまだチャレンジする自身がなく常にポケットティッシュ携帯

ですが、使用後のティッシュは多分流せないので、ごみ箱がなければ

多分お持ち帰りです。     

            どっちもどっちです!

トイレの写真はタイ旅行記&情報からお借りいたしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

台湾の兵隊さん

決して人形ではありません。交代時間まで決して動くことはありません。
笑わせようとみんなでチャレンジしましたが無理でした。Taiwan2 061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾のマッサージは癒し系

La1

2002年台湾の台北に行った時のスナップです
このスーツを着たオネーさんはマッサージ師さんです。
台湾マッサージから連想するにチョッとエロっぽい事を
想像してしまいがちですが、台北ではそのような行為
は法律で禁止されており、私のように健全を絵に描いた
ような男にとっては(大うそです)、よけいな心配を
しなくていいのでとても安心してマッサージが受けられます。

金額的は2時間1万強だったと記憶してますが、現地の
ビジネスマンもたくさん来ておりました。

入店すると綺麗なオネーさんが目の前にずらっと並んで
自分の好みの子を指名してマッサージ室案内されるシステムのようです。

僕たちは現地の友達のエスコートで女の子を含む6人だったため
事前に予約が入っておりそのまま部屋に通されました。

中にはとてもゴージャスな部屋がたくさんあり、豪華なマッサージ台(ベット)
がり、寝ながら見られるテレビもあり、マッサージを受けながらタバコも吸えます。

そんなリチッな雰囲気のなか、蒸しタオルで蒸されながら、綺麗な女の子とお話
しながらマッサージを受ける、とても癒される体験でした。
大変気にってしまい、次の日ににも行ってしまいました

その後タイに行くときのいトランジットで少し空き時間が出来た時にも
またまた行ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧