カテゴリー「2007北海道ツーリング」の7件の記事

2007年8月29日 (水)

北海道ツーリング上陸4日目の二

いよいよパンケニコロベツ林道に向かいました

初めて走る29キロのダートとの事、しっかり燃料を入れ

ていざチャレンジです

Okk_116

途中までは走りやすい、しまったダートだったのですが、

上に登るにつれて所々深砂利でハンドルが効かない

ところがあり、砂利を見つけると超ペースダウン

途中写真をとっていると、F650GSのお兄ちゃんが上

がって行きました。

Okk_117_2

かなり疲れてしまい、ペンケニコロベツ林道で帰って

くる予定でしたが、時間も遅くなり、シートチカ林道
のほうが道がよさそうだったので、コース変更して

帰ってきました、途中がけ崩れの場所があり

ヒヤッとしました。

Okk_121_2

バイクもホコリだらけになり無事林道も終了しました。

そして民宿ドラム館へ

1年ぶりのドラム館  昨年はじめて来てすっかり

気にいってしまい今年も来てしまいしました、

近くの温泉にも連れて行って頂、無事床に就くことが

出来ました。大変お世話になりました。

Image_022

(ドラム館朝の風景)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

北海道ツーリング上陸三日目の2

気温は30度を越えカンカン照り

屈斜路湖もそろそろ近くなってなってきて

ガソリンがないので屈斜路湖湖畔林道を

走る前にガソリンスタンドを探すのですがこれがまったくありません

林道は近づいてくるのに、なんかあせってきます。

でも林道に着いてしまったので、リザーブ覚悟で走り始めました

景色はいいし、固いしまった土で快調に走れました。

Okk_055_2

ガス欠寸前などで池の湯林道は諦めてホクレンンでガソリンを入れる

時間もすでに1時過ぎなので、そこの人にこの辺でおいしい食べ物屋

さんを聞くとパークウェイというホテルがありそこに一階においしい店が

あるとのことで、そこに行ってみることにしました。

気温は30度を超える猛暑、汗が噴出す、

カレーとラーメンのセットを食べましたが、噂どうりなかなかおいしい

お店でした。

しかし、昨年気づいたのですが、北海道はこんな暑くなることもめった

にないのでエアコンの付いている飲食店が少ないのです。

もちろんここもエアコンはないので、地元にいるよりよっぽど暑く

感じる。

今日は朝から林道を走ったり、峠を走ったせいでこの暑さと重なり

もうグッタリ、電池切れになってしましました。

もうこのまま、このホテルに泊まりたい心境でしたが、明日の工程

がるのでなんとか今夜の宿を探すことにしました。

ツーリングGOGO北海道で釧路周辺を調べ、ホテルパコ釧路の

電話するとまだ空きがあるとの事、ツーリングGOGO北海道の

チケットを使うと5229円だそうで、少し高めですがそこに泊まる

ことにしました。

泊まる場所も決まり一安心で、摩周湖を通り摩周国道を通り

釧路を目指す

予定をショートカットしたので、一寸時間が出来たので、又

わき道に入ってダート(農道?)を走ってみる。地元にいたらな、

かなかなかこんな情緒ある道は走れません。

Okk_069

Okk_093

Okk_012

そして友達から聞いた釧路湿原、細岡展望台、ここはダートの先に

あるのでなかなかオンロードのバイクでは、来にくい場所だそうで

一回行ってみたかった場所でした。

夕暮れまでいたかったのですが、人も多く日暮れまでまだ一時間

ほどあるので先を急ぐことしました。

Okk_021

Okk_019

ちなみに、ここで三脚をどっかに忘れた事に気づきました、昨年も

宗谷岬で記念写真を撮ったあと忘れてきてしまい今年は一眼レフを

支えるため結構高い奴を持ってきたのですがショックでした。

しかしアホやのう…….自分のしたことにあきれてしまいました。

早く釧路に着いたらどっかで買えばいいかと自分を慰め先に

進みました。

なんとか釧路に着き100万ボルトで三脚を買いホテルパコに

着きました。

ここは部屋も広くて、綺麗で、ランドリーも一階にあり使いやすくて

超快適でした。いつも雑誌などで派手に宣伝しているので、満室で

泊まれないと思っていましたが、絶対お勧めです、結構バイクも留

まっていました。

ここで毎日のあまりの暑さに頭にきて、汚れた衣類を始め、ズボン下

から長袖シャツ、防寒対策のために持ってきたすべてもものを宅急便

で自宅に送ってしまいまいました。

夕食は外のお寿司やさんで楽しみしていた生牡蠣を頂お寿司を食べ

一日が終わりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

北海道ツーリング上陸3日目の一

家を出て早4日目

昨日居酒屋でおばちゃんと飲みすぎで頭が痛い

天気は晴れ、やっと天候が持ち直してきた

今日の計画は足寄より先日NHKのテレビでもやっていた

道道664号でオンネトを目指し屈斜路湖湖畔林道と池の湯林道

を通り摩周湖展望台や虹別林道を通り開陽台をへて北十九号

まで、その辺で泊まれるところに泊る予定です。

まず自動車道で足寄をはりました。

昨年は見れなかった足寄銀河ホールでちょっとしたパンを

を食べ朝食をとりました。

Image_016

その後 道道664に入りラワンブキの畑で記念写真

Okk032

今年は天候が悪く葉っぱが枯れていいました。

そしてダートを抜けオンネトーへ

Image_017

とても澄んだ水でまるの湖ではないみたいでした。

Okk_037

今日の予定はまだあるので先を急ぎ、阿寒湖をすぎ国道241を

超えていくのですが、これが結構すごい峠道でした、ここの双湖

台展望台からペンケトウは北海道の形に見えるとのことでしたが

僕は違うエッチなものを想像してしました。

Okk_048

上陸三日目の2に続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

北海道ツーリング 上陸2日目

Image_005

ホテルからの朝の風景 雨

3日目

朝遅めの起床

エアコンをつけっぱなしで寝たせいか若干体調が悪い。

外を見ると雨、でも出来るだけカッパは着たくないので

ウインドブレーカーだけ羽織って出発

道央道通り滝川インターチェンジで降り赤平を通り

芦別まで。途中合羽を着る。

道道224号を通りでスピード違反をパスしていきます。

ボケっと街を通過するといきなりレーダーパトが止まっていた

道道でも着をつけなければ。

ナビで方面だけ確認して道道のわき道に入っていくと、いきなり

道がダートに.....

Okk_001

北海道の道はこれがいいですね

そしてツーリングマップルにも載ってっている道幅の広いダートに

乾燥時は砂ボコリがすごいそうですが、小雨が降って

いるので快調に走れます( バイクは汚れるけど)

しばらく行くと美瑛に入り裏道のダートを走って行きました。

パッチワークの道とか行きたかったのですが

知らぬまに国道237に出てしまった。

Okk_010

時間もお昼を過ぎ、そろそろ宿の手配をしなくてはいけない時間になり

ました。

この後糠平湖に行く予定なので、糠平温泉の幾つかの民宿旅館に

電話してみる。

バイクで一人旅だと告げると、部屋数も少ないので出来れば家族連れ

を泊めたいので大広間で雑魚寝ならいいと言われたのですが、

取り合えず飯でも食って考える事にしました。

予定では旭川にてラーメンでも食べる予定でしたが

美瑛の国道道沿いに六角屋がありまだ食べたことなかったので

食べる事にしました。

人気店だけに中は人がいっぱい

込み合う店内で何とかカウンターに坐るり

塩ラーメンといくらご飯を頼みました。

そうすると、先ほどまでトイレに行っていた隣のおじさんが話し掛け

きてくれたのでおじさんに聞いてみる事にしました。

「今夜泊まるところないので、帯広まで行きたいけど行けます

か?」     

「大丈夫」

「富良野経由じゃなくて、旭川、三国峠を越えて行くのですけど、

大丈夫でしょしょか?」

おじさんは一瞬止まって 「ま、大丈夫でしょう、でも、鹿には気を

つけろ 一匹出てきたら次も出てくるから」といってくれた

その後も世間話で盛り上がると隣の奥さんはムットしていました。

おじさんと硬い握手をして別れました。

塩ラーメンといくらご飯、おいしかったでした。

その後電話で帯広のカーサーインホテルの予約を入れたら空きが

あるそうで、ナビを使って旭川をパスして三国峠に向かいました。

結構ナビは距離優先にすると道道とか意外な道を通るので北海道

では結構楽しいものです。

(旭川の道道沿い偶然見つけた廃墟)

Okk_012

雨の中、三国峠では少しバイクを止め写真を撮りました。

Okk_016

Okk_013

その後糠平湖に向かいました。

糠平湖まで行く手前に林道入り口は看板があって

タウシュベツ橋までの道はすぐ分かりました。

しばらく進むとオンロードのバイクとすれ違いました。

さすがに隼とか大型バイクはいなかったけどハーレー

等足つきのいいバイクは結構来ているみたいでした。

みんなたいしたもんだ。

しばらく行くと駐車場があってその辺をうろそろしてみると

タウシュベツ橋へ歩ける道が見つかった。

結構人がいてなかなかいい写真が撮れないので

適当に切り上げ湖畔をさらに進むと行き止まりなっており

Uターンしようとしたらそこからタウシュベツ橋が見えて

これが絶景でした。

Okk_025

その後一気に帯広のホテルまで。

ホテルに着くとホテルの紹介の居酒屋夕飯を食べに行ったのですが

お店の人が居なくて取りあえず、ほかの店で生ビール2杯のんで

秋刀魚の刺身など食べて、先ほどの居酒屋に戻りました。

その店はおばちゃんが一人でやっている店なんですが、メニューに

豚ドンがあり、僕はまだ食べたことがなかたので、せっかく機会の

機会なので作ってもらう事にしました。

初めて食べた豚ドンはおいしかったのですが、お客さんおばちゃんと

話が盛り上がってしまい、結構飲んでしまい、ぐてんぐ

てんになりホテルに帰りました。

そして三日目が終わりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道ツーリング 上陸1日目

フェリーが秋田港に入りアナウンスが流れ目が覚めた。

2等寝台はかなり暑くシャツが汗でぐっちょリしている

着替えるシャツもないので、ちょっと酒をのんで又寝ました。

又暑くて目が覚めるとT

シャツは汗でぐちゃぐちゃでちょっと風邪ぽっいので風邪薬と

酒飲んで寝て起きたらもうすでに下船の時間になっていました。

持ち込んだ食料も半分くらいしか食べていないのですが、荷物に

なるので泣く泣くフェリーに置いてきました。

下の甲板に降りるとみんな用意していて、どんどん出発していき

ます。僕も昔は先を争ってフェリーから降りた頃を思い出しました。

苫小牧の天気は曇り、飲みすぎと風邪薬のせいか気分が悪い、

下船の時も一番最後の方でした。

僕も昔は先を争ってフェリーから降りた頃を思い出しました。

下船したら早速寒い、早速ウインドウブレーカーを着こむ

悪い天候と体調不良で滅入ったまま走り出す。

ちょっと走ると、これからフェリーに乗るバイクでしょう

すれ違いざまにピースが!!

その時初めて北海道に帰って来たんだって思いました。

そしてハーレーの軍団の中に混じって進むうちスピードが徐々に北海道スピード

になるにつれ涙が流れたてきた、

なんとな今年も「北海道に帰ってこれた、」いろいろあったけど来て

よかったなと、心から感じながら、札幌ホテルへと向かいました。

そして道中の安全祈願を無事済ませ、眠りに着きました。

Okk_105

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

北海道ツーリング 初日移動日

Okk_099

5時半終業ノベルが鳴ると、逃げるように家路に着く。

定時にはめったに帰れない会社なのですが今回はフェリーの時間が

あるので仕方ありません。11時半の新潟発のフェリーなので新日本

フェリーのサイトを見ると夏季は1時間半前にはチェックインしなくては

いけないとの事なのでちょっと焦ります。

家に帰ると冷蔵庫で凍らせたビールと母の作ってもらったおにぎりや

フェリーで食べる食料を積み込みました。僕は危険な旅や、長期の

海外旅行出る時は、旅先で何が起こるかわからないので、最後

なった時のために必ず母の作ったおにぎりを無理言って作ってもら

うことにしています。

あとフェリーの中であんまりお腹がすかないようにとあれもこれもと

食べ物を持って出たらこれが既にパッキングを済ました荷物の上に

載せてみると結構かさっばてしまいました。写真の赤いバッグの上

に載っているものはすべて食料です。

急いで家を出ると、なんと6時半には高速 豊科インターに乗れまし

た、そして一路新潟港にいました

高速の途中で回りも暗くなってきたが、その時初めてBMWでの初

めてのナイトランな事に気づいた。ヘッドライトは暗いし虫はバチバ

チあたるし大変でしたがなんとアクセルをふり絞って前に進みます

妙高高原を過ぎたあたりで少しづつ寒くなってきてメッシュジャケッ

トの上にウインドウブレカーを羽織りました。今年は出発直前まで

こちらもそんなに暑くなく、ネット上でも今年の北海道は寒いので

メッシュジャケットは危険なのでスリーシーズンのもって行くとい

いと書込みがかったのでが、スリーシーズンジャケットだと脱い

だ時かさばるので、今回はメッシュジャケットの下や上にいろいろ

着込めるように、モモヒキやトレーナー、長袖Tシャツなど用意しま

した。でも、「やっぱスリーシーズンもって来ればよかったかな?」

と脳裏をかすめましたが、

高原から下りてくるとなんとか耐えられる暖かさになってきて安心

しました。

震災後の柏崎あたりになると高速もボコボコになっていて震災の

影響で道は一車線に規制されていてかなり減速しないと走れない

感じでした。でも何とか走れるだけ感謝感謝です。

Okk_100

(上の写真は新潟のフェリーターミナルの出港待ちバイク

駐輪場です チョッパーの方もいました。)

なんとか2時間前に新潟に着き高速を降りるてコンビ二で買い物

して(まだ買うか?)フェリーターミナルで受付を済ませバイクに

のって、バイクが並んでいるとこにいくと、ヘルメットを被った人が、

秋田、苫小牧の方はこちらに来て下さいと呼んでいる、バイクに

乗ってほかのバイクの跡にその人のところに行くと、もうフェリー

に乗れるようでチケットチェックされて二番目にフェリーの中へ、

これってラッキーなのか(待ち時間ゼロでした)

フェリーの乗ると問題発生、フェリーの中に持ち込む荷物と、

持ち込まない荷物を分けたつもりでしたが、短パンはないし

Tシャツはないし、したの駐車場の置いてきてしまったようです。

これには参りました。

はくものは、ライディングパンツしかないので、荷物をあれこれ

物色していると少し短パンのように見える厚手のトランクスが

あったのでパンツの上からはいてたのですがこれは、恥ずか

しかった。

その後、ご飯を食べてお風呂に入って無事一日目が終わりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

独身最後の北海道ツーリング

Hhtmap 

これは2007年8月9日より16日にかけて北海道に

ソロツーリング出かけた記録です。

今回は記録的な暑さに見舞われた北海道でしたが楽しい

思い出がたくさん出来ました。

もしお時間が少しづつアップして行きますのでご覧下さい。

工程

8月9日午後11時半新潟発苫小牧

    道内

8月15日午前10時半小樽発新潟

総走行キロ  2008キロ

合計燃料   110L

費用   およそ16万

| | コメント (2) | トラックバック (0)